よし🅾️のやってみよ😰

読書感想や紹介、切り絵、喫茶店巡りなど

舟を編む

三浦しをんさんの「舟を編む」を読みました。ちょうど、テレビでもやっていたので思わず、読み返しました。やっぱり、面白いですね。馬締さんは変った方なので、おつきあいしたいとは思わないですが、一生懸命な姿に周りがフォローするんですよね。それにしても、辞書「大渡海」を刊行するのには13年かかったんですね。

少し紹介したいと思います。

■辞書に載せる言葉とは

 既存の辞書に必ず載っている単語を探し、該当する用例採集カード二重線をつける。これらは基本中の言葉だ。小型辞書に載っている単語には、一重丸。中型辞書に載っている単語には、三角。こうしてカードに印を付けておけば、その単語を『大渡海』に採用すべきか否か、判断する目安となる。二重丸のついた単語は、よっぽどの理由がないかぎり、見出し語からは外すことはできないだろう。三角のついた単語は、場合によっては、『大渡海』では採用しなくても良さそうだ、といった具合に。

 もちろん、既存の辞書から取った統計は、あくまで参考だ。最終的には、『大渡海』の編集方針に基づき、独自の判断で見出し語の選定をする。古語、新語、外来語、専門用語など、あらゆる言葉を集め、取捨選択していく。

なるほど、まずは標準的な言葉を探すんですね。面白いですね。

 

■辞書作り

まずは用例採集カードをもとに、収録する見出し語(項目)を選定する。次に編集方針を固め、「執筆要領」をつくなければならない。

 辞書を作るのに、50人以上に原稿を依頼するのはざらだ。各人が好き勝手に書いたら、文体も統一できないし、いつまでたっても一冊にまとまらない。そこで、執筆要領の出番となる。ひとつの項目について「どんな情報を、何文字で、どういう体裁で」盛り込むべきか、具体例を挙げて示したものだ。執筆要領は通常、辞書編集部が作成する。

 執筆要領に則り、編集部員が「見本原稿」を書く。これは、編集責任者である松本先生と相談しながら、ということになるだろう。実際に原稿を書いてみて、執筆要領に不具合や抜け落ちている観点がないか確認する。

 もちろん、見本原稿が作られるのは、収録される予定見出しのほんの一部にすぎない。たいてい、さして重要ではない小さな項目だが、見本の役目を果たすためには、多様な要素が含まれていなければならない。地名、人名、数字の入った項目、図版を入れる項目など、さまざまな品詞から選ぶ。編集部内で見本原稿を作成、検討することで、辞書の方向性と質に磨きをかけていく。

 見本原稿を書けば、字の大きさや組みかたやページのデザインをおおまかに決められるし、全体のページ数や収録できる見出し語の数や価格もだいたい算出できる。

 ここまで来てようやく、原稿依頼をするのが普通だ。

辞書作りの手順があるんですね。びっくりです。

 

■品質保証

辞書は綺麗事だけでできているのではない。商品であるからには、品質を保証するネームバリューは絶対に必要だ。監修者として松本先生の名前を表紙に載せるのは、品質保証の一例だ。松本先生の場合、実際に『大渡海』の編纂に深く関わっているが、監修者の中には名義を貸すだけで、実務はほとんどなにもしないひともあるほどだった。

 原稿の執筆者も、専門分野ごとに信頼のおける学者を厳選する。執筆者の名は辞書の巻末に列挙されるので、見るひとが見れば、人選が的確かどうかわかってしまうからだ。執筆者の顔ぶれから、辞書の精度とセンスをある程度測ることができる。

ありますよね。この先生にお願いすれば間違いないというネームバリュー。

少し角度は違うのですが、ちっぽけな会社のネームバリューだけでは、行政は動いてくれないですよね。

 

■辞書は国の威信で作るべきか?

松:「オックスフォード英語大辞典」や「康熙辞典」を例に挙げるまでもなく、海外では自国語の辞書を、国王の勅許で設立された大学や、ときの権力者が主導して編纂することがおおいです。つまり、編纂には公のお金が投入される。

馬:資金難にあえぐ我々からすれば、うらやましいことです。

松:本当に。なぜ、公金を使って辞書を編むのだと思いますか?

馬:自国語の辞書の編纂は、国家の威信をかけてされるべきだ、という考えがあるからではないですか。言語は民族のアイデンティティのひとつであり、国をまとめるためには、ある程度、言語の統一と掌握が必要だからでしょう。

松:そのとおりです。翻って日本では、公的機関が主導して編んだ国語辞書は、皆無です。

馬:政府や官公庁は、文化に対する感度が鈍い部分がありますからね。

松:わたしも若いことは、資金がもう少し潤沢にあればと思うことがありました。しかしいまは、これでよかったのだと考えています。

馬:どういうことですか?

松:公金が投入されれば、内容に口出しされる可能性もないとは言えないでしょう。また、国家の威信をかけるからこそ、生きた想いを伝えるツールとしてではなく、権威づけと支配の道具として、言葉が位置づけられてしまうおそれもある。

馬:言葉とは、言葉を扱う辞書とは、個人と権力、内的自由と公的支配の狭間という、常に危うい場所に存在するのですね

含蓄のある言葉ですね。馬締さんを取り巻く人間模様、恋愛、先生との別れ等面白いこと間違いありませんので、よかったら是非読んで下さい。

 

www.nhk.jp

響け!ユーフォニアム~宇治高校吹奏楽部、波乱の第2章 前編~

武田綾乃さんの「響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部、波乱の第2章 前編~」を読みました。ユーフォの黄前さん達も2年生になり、後輩が入ってきます。

滝先生の2年目は、いかに!っ感じですが、感動した文章を少しだけ紹介します。

 

■どちらが頑張っているか?

後輩:久美子先輩は、さつきと美玲のどちらのほうが、部活を頑張っているように見

    えますか?

先輩:正直に言えば、そりゃあ一緒にいる時間が多い方が好感を持てるかも知れな

   い。

後輩:サツキのほうが好きってことですか?

先輩:人間関係的な意味ではね。でも、部活的な観点で見ると、演奏能力を持ってる

   人が偉いとも思うよ。決まった時間の中で成果を出すっていうのは、その人の

   能力が高い証でしょ。だから、どっちが好きとかないよ。後輩は、みんな好

   き。さっちゃんも美玲ちゃんも、私はどっちもかわいい後輩だと思ってる。

しっかり、人間的と部活の観点の2種類で分析できているって、すごいなぁと思いました。

 

■発言について

 先輩:吹部ってやっぱり、楽器の上手さで発言力が変わったりするやんか。例え

     ば、去年の高坂ちゃんとか、飛鳥先輩みたいに。

 黄前:……まあ、そういう空気がないとは言えませんね。

 

 あすかや麗奈があれほどの影響力を持っていたのも、結局はそれに見合うだ

けの実力があったからだ。毎日のように顔を付き合わせている部員たちは、練習時間

が来るたびに互いの演奏を耳にする。それが同じ楽器を担当する人間であればなおさ

ら、その査定表が、部員たちの背中に影のようについて回る。

 確かに、上手い人の発言力は大きいですよね。下手な人間に言われても、話が入って

聞ませんしね。仕事も一緒ですかね。

 

■コントラバスって?

 求:コントラバスって、なんのために吹奏楽部にいるんでしょうか?

   僕、昔から思ってたんです。コトラバスって、本当に必要な存在なんかなっ

   て。音なんてほかの楽器の音にかき消されるし、お客さんにだって聞こえない

   し。

 緑:求くんは、外から音を聞いたことある?

 求:外というのは?

 緑:演奏側じゃなくて、観客側ってこと。コンバスがいるといないのとじゃ、響き

   が全然違うなーって感じると思うよ。コントラバスの大事な役割は、音量じゃ

   なくて、響きを演奏に加えること。あとは奏法が違うから、管楽器とは違う形

   で音を作れるってのが強みかな。演奏全体の雰囲気を変えちゃう、それがコン

   トラバスの持ってるすごーいパワーやねん

    楽器に優劣はないし、音楽を作るのに不必要なパートもないよ。ほら、ピラ

   ミッドと一緒。頂点ばっかり目立つかもしれへんけど、いちばん上を支えるた

   めには下の土台が必要やんか。コントラバスはそういう、気ずかれにくーい部

   分を支える役割を果たしてるんとちゃうかな。

   自分がいいひんくても構わへんなんて考えは、もってのほかやと緑は思うなあ

 不必要な楽器はない!って言うのが分がないですよね。本来会社もそうであらねばな

らないですよね。楽器選びの際も、その子にあった楽器を選定できたら最高やのにね。

適材適所大事なことですよね。

 

響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部、波乱の第2章 後編~

 武田綾乃さんの「響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部、波乱の第2章 後編

~」を読みました。劇場版と本で、数点違うところを見つけられて嬉しく思いました。

勉強になった言葉を少し紹介したいと思います。

 

■合奏練習について

 合奏は、進んでは止まるのを繰り返す。細かな点を指摘し、少しずつ改善を積み重

ねる。昨日よりも今日、今日よりも明日、足を止めたら最後、演奏はどんどんと後退

していく。上手くなるのは難しく、下手になるのはあまりにたやすい。だからこそ、

部員たちは前進し続けるしかない。

 <省略>

 正確さにこだわり、奏者の違いによって生じる細かな差を一つひとつ潰していく。

たとえ譜面どおりに吹いていたとしても、楽譜に対するちょっとした認識のずれが演

奏の完成度を落としてしまう。アタックの仕方はどうか、フレーズをどう表現するの

か、クレッシェンドはどんなふうにかけるか。演奏において、“間違いではない”と“正

しい”はイコールではない。音楽に正解なんてものはないけれど、正しいと思う理想の

音楽像を皆で共有できていなければ、それに近づくことすらできないのだ

 スポーツも習い事は何でもそうですよね。毎日コツコツ練習あるのみですよね。

 

■ソロに対しての考え方

 部員同士による熾烈なソロ争い、ファーストの座やトップ奏者の位置を巡るバト

ル。向上心とライバル心から芽生える真っ向からの競争が吹奏楽部という集団の持つ

ひとつの側面とするならば、それとは真逆の心理を持つ人間達の攻防もまた、吹奏楽

部の持つ一つの側面として認めなければならないだろう。恥をかきたくない。目立ち

たくない。そうした思考から、ソロを押しつけあうものだという構図ができあがって

いる団体も少なくない。誰しも前に出たがっていると思い込むのは、そうした行為に

抵抗のない人間が持つ幻想だ。

 会社にも当てはまりますよね。自分が責任とりたくない。目立ちたくないなど。

でも、誰かがやらないといけないですよね。前向きに!

 

 

 

 

響け!ユーファニアム ~北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編~

武田綾乃さんの「響け!ユーファニアム ~北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編~」を読みました。高校3年になって、やっぱり進路でみんな悩むんですよね。

黄前部長になって、すべてが"HAPPY END"になってよかったです。

 

印象に残った文章を少し紹介します。

■リーダー会議

内容は、個別課題をどこまで達成させるかという点だった。練習に不安のある生徒、ナーバスになっている生徒などの情報を役職持ち部員同士で細やかに共有し、フォローにつなげる。

全国大会に向けて、一人ひとりが追い詰められていくんですよね。全国金賞目指してどんな人で、どんな振る舞いとか、考えることもあるんでしょうね。

 

■究極の演奏

合奏体形となった音楽室で、滝がスピーカーから自由曲を流している。先ほど自分たちで演奏した際の録音だ。演奏をしている最中は必死すぎて気づかない粗も、こうして耳に突きつけられるとすぐさま浮かび上がって聞こえる。おざなりになったフレーズのつなぎ目、丁寧にすべきだった音の入り、違和感の残るハーモニー。細部の細部まで気になりだすのは、演奏が向上している証でもある。演奏の質がよくなるほど、小さな不純物は見つけやすい。

曲が仕上がれば仕上がるほど、ちょっとしたズレや違和感もわかっちゃいますよね。

恐るべしですよね。

 

■一流の指導者

滝さんがどうしてコンクールの結果にこだわるかって言ったら、コントロールしやすいやと思う。結果を出したら、周りが協力してくれるようになる。親も、学校も、生徒も、自分自身も、頑張るのが正しいって空気が作りやすくなる。

 空気。その指摘は、かつて夏紀も行っていた。部長になって、その言葉の本当の意味が久美子にも理解できてきた。集団を動かすには、空気が必要だ。そして名指導者と呼ばれる人間は皆、空気を作るのが上手い

空気を作ることが大事ですね。人も物事も一緒ですよね。大事な言葉だとおもいました。

 

■部長って

部長の自分と、奏者としての自分がぐちゃぐちゃになってた。いろんな子の話を聞いて、どうすればいいかわからなくて。部活についての考え方もみんな違ってたし、いろんな子がいた。部活は世界からの逃げ場だって言う子も、思い出作りの場所だって言う子も。だけど、きっとそれでいいんだよね。みんなが違うことを考えてても同じ方向を向いていれば。

 関西大会で真由ちゃんがソロを吹いたって、私は私のままだった。誰かの場所を誰かが奪うなんて、きっとそんなことはできないんだろうなって、そう思うの。誰かは誰かにとって、特別な存在だから。それを信じて、私は怖がるのをやめにする。

長は孤独ですよね。悩んだぶんだけ自身が成長しますよね。みんな、外圧のプレッシャーに負けないで頑張って欲しいです。

 

[rakuten:book:19606831:detail]

[rakuten:rakutenkobo-ebooks:18335378:detail]

 

響け!ユーファニアム ~北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編~

 武田綾乃さんの「響け!ユーファニアム~北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編~」を読みました。4月からNHKで放映決定とのことで、楽しみにしています。

印象に残った文章を紹介させてもらいます。

 

■部長として

 去年の部長、吉川優子は何かと上手くやっていた。小さな不満の種を潰し、カリスマ性で他者を導く。反乱の芽を早めに摘み取らねばならない。部をまとめるというのは、そういうことなのだ。

 どの組織も、不満のタネは小さいうちに摘み取らないと全体に拡大にしていきますよ

ね。本当にそう思います。

 

■選考基準

黄前:チューバの選考基準ってなんだったんでしょう?どうして初心者の釜屋すずめ   

   さんがAで、二年生の鈴木さつきさんがB何だろうって、単純に不思議で。

先生:アンサンブルコンテストの時、北宇治の代表チームは部員投票で決めましたよ

   ね。そのとき、黄前さんは何を基準にクラリネット四重奏に決めましたか?

黄前:それは…やっぱり、完成度ですかね。全体の。ほかのグループも上手い子はた

   くさんいましたけど、クラの子たちは音の全体像をよく見ていたというか…ど

   こで引いてどこで出るか、自分の役割を理解して、音楽を作り上げているよう

   に思ったので

先生:私もそれと同じです。オーディションでは当然、一人ひとりの能力を見極める

   ところから始まります。ただ、それだけでなく、全体の音楽バランスを考えて

   編成を組む必要があります。いくら飛び抜けて上手な子が多かったとしても、

   トランペットパートを30人にする団体はいないでしょう?

黄前:全体のバランスを見たときに、釜屋すずめさんのほうがいいと思ったってこと

   ですか?

先生:端的に言えばそうなりますね。彼女は確かに鈴木さんと比べてつたないところ

   ありますが、とにかく音が素晴らしい。美しさをキープしたまま大きな音を出

   せるのが彼女の強みです。音域が狭いのは今後の課題ですが、今回の課題曲、

   自由曲で黄音域が必要な箇所はPなので、そこは吹かないでもらえればいいわ

   けですし

黄前:でも、演奏って音調が全てじゃないと思うんですが。技術的な面もありますし

先生:ですが人数に上限がある以上、音量は相当に大事ですよ。土台となるチューバ

   となれば、とくに後藤君がいなくなって今年はチューバを四人にしなければな

   らないかと悩んでましたが、彼女のおかげでなんとか形になりそうです。超絶

   技巧だけが奏者の能力を示すものではないと私は考えていますよ。奏者側には

   納得しづらい判断かもしれませんが

 人数制限のあるなかで、どうすればより良い音楽を奏でることが出来るのか。本当に

辛い決断ですよね。先生の説明責任もあると思います。小さな音だが上手い先輩と大き

なきれいな音が出る後輩、どちらを取るか。

 そのような視点で会社を見てみるとは、全体最適出来てないですわ。所詮人が判断す

るので、仲良しグループを引き揚げる人、仕事は出来るが自分中心の人、仕事はしない

が文句はしっかり言う人など、いろんな人がいますね。

[rakuten:rakutenkobo-ebooks:18335366:detail]

 

響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話~

武田綾乃さんの「響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話~」を読みました。年末年始で、劇場版が放映されていて、気になって見てしましました。

 

感動した文章を少し紹介したいと思います。

■楽器って「歯車」

いろんなやつがいろんな楽器使っていろいろなフレーズを演奏して、そうやって一つの音楽ができる。それってめっちゃおもろいと思わん? 楽器を吹くっていうのは、その大きなまとまりを構成する小さな歯車になるってことやとうちは勝手に思ってるけどね。

・・・・<省略>・・・

チューバは目立たへんけど、重要な歯車やで、この楽器が欠けると、曲に深みがなくなるから。目立つものだけがすべてやないし、目立たへんからといって不要というわけでもない。むしろ、意識しいひんと気づかんような当り前のもんが、以外に大事やったりするんで。

要らない楽器はないですよね。「響け!ユーフォニアム」を学んで行きたいと思いますが、少女漫画っぽくって少し辛いかもです。。。

 

 

鎌倉うずまき案内所

青山美智子さんの「鎌倉うずまき案内所」を読みました。毎回そうなんですが、青山さんの作品は、短編小説なんですが、ある章に出て来た人が他の章にも登場してくるので、ついつい探してしまいます。相関図を作ってみました。

 

感動した文章を紹介します。

■商品を買う人

かわいい!って言いながら、商品をべたべたさわるお客さんは、だいたい買っていかないです。本当に欲しい方は、無言でしっかり見つめて、心に決めた感じで買っていかれます!

これ僕です。買うって決めても、その置いているコーナーをくるくる何回も回ってしまいます。

 

■我が子

親は、子供のことを何も決められないんだ。ただ見守ることしか。私が、私たちが、決めることを許されるとしたら、たったひとつ、名前ぐらいだ。 

本当にそうですよね。男親なんか、何もできません。私の子供の接し方がだめだったんでしょうね。

 

■パラレルワールド

選ばれなかった人生がどこかに存在しているという、パラレルワールド。無数の可能性を持ちながら、私たちはいつもたったひとつしか選べない。ここではない世界で私は何をしているのだろう。誰といるのだろう。この私よりも幸せだろうか。

どの選択をとっても、後悔しない自分でありたいですね。